施工関係の仕事に変わりたい人は必見!施工管理の転職に関するミニ知識を紹介します

施工管理の仕事に変わりたい人は、転職活動を成功させるための知識を身につけることが大切です。
主な仕事は建設工事の現場技術者を指揮監督して、工事全体を管理することであり、スケジュールの遅延や予算オーバーが発生しないように管理を行います。
施工管理の国家資格である施工管理技士は、扱う内容によって7つの種類に分かれていますので、どのような業務に携わりたいのかを考えながら受験することが大切です。
仕事の需要が安定していて、待遇が良いのが特徴です。

施工管理の転職において知っておきたい仕事内容

転職する人の中には、初めて施工管理の仕事にチャレンジしてみたい、このように考える人も多いのではないでしょうか。
施工管理は、四大管理呼ぶ仕事を手掛ける職業で、建物・道路・電気設備・トンネルなどさまざまな施設および設備がスケジュール通り、そして計画通りに施工できるよう管理する仕事です。
四大管理は、工程管理・品質管理・原価管理・安全管理の4つを総称しているものです。
転職する前に施工管理がどのような仕事内容になるのか把握することが大切ですが、主にこの4つを中心に手掛ける仕事である、このように把握しておけば構いません。
ただ、それぞれの業務の大まかな内容を知ることは大切です。
例えば、工程管理はスケジュールの作成や期限まで工事が完了できるよう手配する仕事です。
具体的な仕事としては、工事スケジュール(工程表)の作成、職人さんや使用する機材の手配、現場での指示出しや作業が遅れたときのリカバリー策の立案・スケジュール調整など重要な役割を担うことになります。

施工管理の転職は未経験者でもできる?

施工管理の仕事は未経験で出来るか確認しましたが、実務経験が必須になるので未経験で行う事はできない事がわかりました。
実務経験は4年以上必要で、施工管理技士の資格が必要になるので時間と経験が求められます。
好きな仕事であれば続けることができますが、向き不向きはあるので他の業種に転職する人もいるのでご自身に合った仕事を選ぶ事は重要です。
施工管理の未経験者は基礎知識を身に着けるので、現場で働きながら知識を身に着けますが、外での作業を行うので、環境に適応するべきです。
現場は危険を伴うので安全管理の徹底は必要になり、現場監督を目指す立場の人はデスクワークがメインになるので、仕事状況によっては遅くまで働く事もあるので確認が必要です。
年収は450万円と安定してますが、工程通り作業が進まない場合は会社報告して判断してもらう必要があります。
現場で起こった事を正しく伝える事が重要ですから、ご自身の判断で物事を進める事はやらない事が大切です。

施工管理への転職で失敗しないための求人選び

施工管理の転職を成功させるためには、求人の選び方に慎重に取り組むことが大切です。
特にキャリアアップばかりを重視して選んでしまうと、自分の能力に合っておらず、失敗してしまうことにもなりかねません。
まずは自分のスキルセットや経験をしっかりと見直し、その上で施工管理の求人情報を探すようにしましょう。
施工管理と言ってもそのポジションは多岐にわたっており、建築や土木、電気工事のように様々な分野があります。
自身の専門性をしっかりと理解しておけば、それにあった仕事を選ぶことができるようになり、転職の成功率もきっと高まるはずです。
プロジェクトの性格も理解しておくことが重要です。
施工管理の仕事だからとって、それが必ずしも自分に合っているものとは限りません。
プロジェクトの規模やタイプ、予算やスケジュールなど、時間をかけて情報を入手することで自分の適正にあったものを選ぶことが大切です。
加えて興味のある分野であれば楽しみながらキャリアアップすることもできるので、そうした観点からも探してみると良いでしょう。

施工管理に転職するにおいての心がけ

施工管理に転職する場合において、心がけが必要になるとしたら、それはどういったことが要点になるでしょうか。
現場の指揮と監督をする仕事なので、全体の把握と進捗管理のスキルが必要になります。
最初は誰もが未経験者ですが、転職となると一定以上のスキルと経験が求められます。
面接においては、一定水準の能力を持ち、即戦力として活躍できるアピールが必要です。
施工管理の仕事は、自分一人で解決しようとせず、協力しながら取り組むチームワークが不可欠です。
人を配置して活用する能力も問われるので、相手を把握しようとする心がけと、信頼関係を構築するコミュニケーション力が重要になります。
現場では予期しないトラブルが発生しますが、速やかに対応して解決することも施工管理の仕事です。
物事に優先順位を付けて、的確に人を動かし解決を図ることになります。
刻一刻と変化する状況を捉え、柔軟に対応できるように備えるのも必要なことです。
施工管理は専門性が高くプロ意識が欠かせない仕事なので、客観的に自分を見つめ、適性のある人材の意識を高く持ち続けることが大事ではないでしょうか。

施工管理に再就職したいなら転職エージェントを使う手も

今は日本全体が就職難の時代だと言われているので、決して若いとは言えない年齢に差し掛かっている場合には、転職活動を始めてもなかなか再就職先を決めるのが困難だと言われています。しかし、長年施工管理の仕事を行ってきており、現場に直ぐに適応できる高い能力を秘めているなら、その経験を存分に活かせる働き場所を探さないと非常に勿体ないと言えるのでぜひ行動に起こしてみてください。また、どうしても適した求人募集が見つからなくてスムーズに決めることができないと悩んでいる場合には、施工管理を多く取り扱っている転職エージェントに頼ってみるのも一つの手だと言えるでしょう。優秀なエージェントが担当してくれれば、今までの経験や実績を活かせる最適な職場を見つけ出すお手伝いをしてくれますし、良さそうだと思えるところが見つかった場合には、直接連絡を取って現場まで一緒に同行して見学させてくれることも期待できるので便利さが全く違います。

施工管理に転職すると給料はどれくらい?

施工管理への転職において給料は幅広い要因に影響されるので、特に注目したいのが経験と資格を持っているかどうかです。経験と資格に大きく影響されるのは、初めての施工管理のポジションだと給料が比較的低いことが一般的です。しかし経験を積みスキルや資格を獲得すると、上昇する可能性があります。地域によって大きく異なるのは、都市部や経済的に発展しているところでは、施工管理者の需要が高まり年収も高くなる傾向があります。一方で人口がまばらで建設プロジェクトが少ない地域では、安月給となる可能性も否めません。雇用主の会社の規模によって変わってくるのは、大手建設会社や国際的な建設プロジェクトを管理する場合、年収が高いことが一般的です。小規模の建設会社や地域的なプロジェクトでは、転職を考えるケースも増えてくる可能性もあります。特定の分野に特化した、例えば建築や土木工学の専門家は、スキルを考慮すると高給を期待できることも少なくありません。

施工管理の転職は夜勤はあるのか?

施工管理とは建設現場で工事の進捗や品質、安全、コストなどを管理する仕事です。管理者は設計図に沿って工事が正しく行われるように指示や監督を行います。発注者や施主、設計者、協力業者などと連携して工事のスケジュールや予算、変更事項などを調整します。施工管理の転職を考えている方はシフト勤務があるかどうか気になるかもしれません。これには一概に答えられるものではありません。施工管理の仕事は現場やプロジェクトによって異なるからです。道路や鉄道などのインフラ建設では、交通量が少ない夜間に工事を行うことが多いため深夜勤務が必要になる場合があります。マンションやオフィスビルなどの建築物では、昼間に工事を行うことがほとんどで深夜勤務はほとんどありません。したがって施工管理の就職活動ではシフト勤務はあるのかという問いに対しては、「それは現場やプロジェクトによって異なる」というのが正しい回答です。転職先の企業や案件について詳しく調べて、自分の希望や条件に合うかどうか判断することが大切でしょう。

施工管理への転職は年齢制限はある?

施工管理への転職に年齢制限はありません。ですから、求人を探していても、年齢で諦めることはないかもしれません。ただし、制限はないと言っても、建設会社の正社員でなければならないことを考慮すると、定年と言われる年齢までと考えるのが妥当です。上限は65歳と考えることができ、幅広い年齢層の人たちが応募できます。一部の会社では50歳になると役職から外れるケースもあり、そのような会社では50歳を過ぎて施工管理の仕事を行うのは困難です。この仕事は重要なポジションですので、このような体制を取り入れている場合には対象になる可能性が高くなります。近年では深刻な人手不足であるため、年齢による壁がなくなっていることも事実です。この状況が進むと、たとえ65歳を過ぎていても施工管理を任される可能性が出てきますので、状況によって変わります。現在でも、以前から比べるとずいぶん年齢の高い人が増えており、重要な仕事を任されています。

施工管理に転職することの魅力ややりがい

施工管理とは建築や土木などの工事現場で工程や品質、安全などの管理を行う仕事です。工事管理にキャリアチェンジすることの魅力は、以下のような点が挙げられます。 工事管理に転職することのやりがいは自分のスキルや能力を試されることです。建設管理は、常に変化する現場環境に対応しなければならず、予期せぬトラブルやクレームにも対処しなければなりません。その分、自分の判断や決断が現場の成果に直結することを実感できます。建設管理はクライアントや協力業者、現場スタッフなどとコミュニケーションを取ることが重要です。その中で、信頼関係を築いたり感謝されたりすることもやりがいの一つです。 建設管理にキャリアチェンジすることは、自分のキャリアを高めるチャンスになります。施工管理の経験や実績は、建設業界ではとても高く評価されます。施工管理の資格を取得すれば、さらに就職や昇進の可能性が幅広く広がります。施工管理に転職することで自分の夢や目標に近づけるでしょう。

施工管理の転職に関する情報サイト
施工管理の転職について

このサイトでは、施工管理の仕事に就きたい人に知っておいて欲しい情報を掲載しています。
転職に関するミニ知識も載せており、これから活動を行うことを考えている人たちにとって有益な情報ばかりです。
前職で既に経験している場合には有利になるのかや、応募書類や面接試験で高評価につながる志望動機に関しても詳しく解説しています。
求人ニーズが高く、未経験でも応募できることから、市場は活発に動くことが予想されています。

Search